2013年5月20日月曜日

リメイクで生まれ革ります!

鶴革工房へお立ち寄り頂きまして大変にありがとうございます。




東京に住む妹からリメイクの依頼がありました。

リメイクの場合、材料は持込になるので材料代は浮きますね(笑)

その材料とは、妹が新婚旅行でイタリアに行った時に現地で購入したバッグでした。

おいおい!新婚記念の品物を分解していいのかよ。

妹曰く、使い勝手が悪いんだもん!って・・・・↓

勾玉みたいな形状をしたショルダー。確かに使いづらそう・・

そういう訳で早速分解。

左側のファスナーの下にブランド名らしき刻印が入っているので
折角だからそれは残して欲しいとリクエスト。

この革を使って作るものはカードケースと丸手鏡。

リメイク素材もあったので作業は比較的楽でした。

型紙~切り出しは端折ます。

そして完成したのが最初の一枚目の写真です↑

カードケースカバーです。差し替え式のカードケースが入ります。
例の刻印は右側上部に♪左下は妹の名前を刻印。

手のひらサイズの丸鏡。

ホックは使わず真鍮ギボシで仕上げました。

このバッグの革、さすがイタリアの革だけあって繊維のキメも細かくコバ(裁断面)の仕上がりもとても奇麗でした。


0 件のコメント:

コメントを投稿