2014年2月17日月曜日

~皮から革へ~栃木レザー㈱工場見学レポート9

鶴革工房をご覧頂きありがとうございます。

前回の工程『革漉き』で厚みを調整した革は俗に言うヌメ革(ナチュラル)として

出荷される物もありますが、これで終わりではありません。

革好きな人なら気になる色革作りの作業はここから始まります。

続いての工程は『再なめし・染色』です。

ここでは革の柔らかさを調整したり、希望の色に染め上げます。


そして、またまたドラムの登場です。このドラムの中で革は色を付けらているのです。

チョコやキャメル、レッド、グリーンとそれぞれが専用の色のドラムになっています。

再なめし・染色をした革はもう一度サミングセッターに通され、余分な水分を取り除き縮みを
伸ばしたりします。

これはキャメル色ですね



レポート10(終)へつづく

0 件のコメント:

コメントを投稿