2016年3月24日木曜日

ハンドメイド作品をネットで販売する際に注意すること。

ハンドメイドと聞くとどんな印象が浮かびますか?

 ・手作り感が溢れる温もりある製品

 ・作家さんの個性が現れた製品

等々...色々あると思います。

「え!これハンドメイドなの!?すごい!」
って言ってもらえたら嬉しいですよね。

でも、
「なんか・・・ハンドメイドって感じだよね・・・」

って言われたら悲しいです。

なので、今回はハンドメイド作品を販売する際に注意すべきことを書きました。

ここでいうハンドメイド作品は主に革製品になるかも知れませんが、革以外の作品を考えている方にも読んでもらえたら嬉しいです。

早速ですが。

ヤフオクなどでハンドメイド製品を出品している人に多いNGワード


ハンドメイド品という事をご理解下さい

これは逃げ口上でズルいです。この説明の裏側にはハンドメイドだから多少のことは多めに見てね的な意味合いが隠れてます。

たとえ1円でも落札されれば相手からお金を頂くわけですから。お金を頂く以上、製品には責任を持つべきです。さすがに1円で出品している人は見たことがありませんが・・

しかもこういった商品に限って開始価格が大胆な設定になっていたりします。


私もヤフオクを始めた当初は少し高めに設定をしていました。

類似品や市場に出回っている既製品を参考にして、少し利益も欲しいなと欲を出しつつ(笑)

でも全く落札されませんでした。

よくよく考えてみたら、自分が落札する立場だったら、無名の人が作った作品を市場価格と同等の値段で買うのかな~て思いました。

同じ値段を出すのなら、中古でも有名ブランドのほうがいいなってなるし、そもそも、良い物を1円でも安く買いたいと思って利用している人が殆どなんだよなって気が付きました。


ハンドメイド品の出品を考えている方にアドバイス


通常ヤフオクの場合、オークション形式を取ってますから基本設定は「返品不可」になっています。

これを「返品可」にする事をお勧めします。

そうすることによって出品する作品に責任感が生まれます。

万が一イメージと違ったとか、製品に不具合が生じた場合は返品を受け付けて、何がダメだったのかを聞き出して誠実に対応するんです。

そこで初めて反省点に気付きます。商品に説明不足の点があったり、写真の撮り方に問題があったりなど、クレームとまでなるかは分かりませんが、お客様に大事なことを1つ教われます。


価格設定も少し下げておいた方がいいです。そうすれば、目に留まりやすくなります。

最初の内は、こちらが期待する値段までいかないかも知れません。

でもあなたの商品を落札した人が、実際の商品を手にとって始めて、

いい買い物をした!またこの人から買いたい!

今度は正規品でオーダーしてみよう!っと思ってもらえて時に次に繋がる可能性が生まれますので。辛抱強く続けてみて下さい。

実際に私もヤフオク経由でファンになってくださったお客様がいて、最終的に通常オーダーをいただくまでになりました。

もちろん、ヤフオク上だけのリピーターさんもたくさんいます。

やはりそれはそれで嬉しいです。

出品してすぐに入札が入っているのは他のヤフオクユーザーさんから見ても、「ん?この商品なんだろう?」って気にさせますからね。

ぜひ、あなただけのハンドメイド品でファンを増やしてもらえたらなと思います。


ちなみにハンドメイド専門サイトってガーリーでポップな商品が多いようですね。




ここに踏み込むのには、女子会のランチに一人で飛び込むくらい勇気がいるかもしれません・・・




2016年3月4日金曜日

捨てればゴミ、活かせばマウスパッド!

鶴革工房OUTLETS(ヤフオク)で出品販売していた、

ハギレのカタチを活かして作ったマウスパッド!

気が付けば製作数10点を超えていたので、せっかくなので写真を並べてみます。

それぞれが個性的で、同じ物は2つと無い物ばかり。


革が好きな方は一点物という言葉に弱いですよね~


今もお客様のPCの横で経年変化を深めていてくれているでしょうか。

落札相場は500円~最高値が・・・確か2800円だった気がします。

手間代を考えると1500円以上が希望なんですがw