2016年4月24日日曜日

あおぞらクラフトいちspring in 水戸2016に出店します!

改めて、お知らせです。

この度、わたくしの地元・水戸市の芸術館前広場で開催される『あおぞらクラフトいち』に出店することになりました。


『あおぞらクラフトいち』は2009年から開催されてきているイベントで、今回で12回目とか。

様々なジャンルのハンドメイド作家さんが大集結して行う展示即売会です。


実は水戸に住んでいながら、このイベント一度も見に行ったことがないんです。

見に行ったら悔しがる自分の姿が目に浮かんだので(笑)


ですが昨年、満を持して秋開催分にエントリーをしようと思ったらすでに締め切られており、とても悔しい思いをしました。

そして今回、晴れて初エントリーすることが出来ました~!!

出店場所はE-7で4/30のみとなっております。

クリックすると拡大します


以下↓リンクです。


しかも何を隠そう、未だかつて、フリーマーケットすら経験したこともないわたくしが、今回生まれて初めて野外で対面販売をします。


ここでは、そんなハンドメイド市が初心者・ど素人のわたしくがどんな準備をして当日を迎えようとしているかを記録に残していこうと思います。

きっと全国を見渡せば同じような境遇のハンドメイド作家さんもいると思いますので。少しでもお役に立てればと思います。


◇準備するにあたって参考にした記事◇

一番最初に悩んだのテント選びでしたが、長く使える方がいいと思い。下記のサイトを参考にしてコールマンのタープテントを購入しました。

あおぞらクラフトいちの出店面積は300×300ですが、区画いっぱいのテントにしても陳列する商品が少ないとみすぼらしいかと思いまして、テントの大きさは220×220にしました。


以下のサイトはベテランさんによる、それぞれの項目に分けた説明とワンポイントが分かりやすく、チェックリストまで貼り付けてあります。
ハンドメイドイベントに出店に準備するもの(チェック表付)


↓こちらのさいとはディスプレイアイデアのまとめサイト。個性的なディスプレイがずらり。
手作り市、クラフト市、ディスプレイアイデア画像集



◇初めての量産体制に孤軍奮闘◇

私のような一人職人(しかもサラリーマン)が抱える問題点は全て手作業の為、生産出来る数に限りがあること。

平日の作業時間は朝3時に起床して子どもたちが起きてくる6時位までの2~3時間。

しかも通常オーダー分を抱えながらの小物製作は本当にしびれます。

現在、正規オーダー分は全てGW明けの製作開始にしています。

ご迷惑おかけして申し訳有りません。


◇おしながき◇

前述の理由により、アイテム数はさほど作れないので、定番の人気商品をカラーバリーエションを増やして展開する事にしました。

それでも、やはり目玉が欲しいと思い、一点物も用意してみました。

以下出品予定一覧です。

・iphone6カバー
・iphone6ケース(手帳タイプ)
・靴べら
・通帳ケース
・リップケース
・キーケース
・キーホルダー
・コードバンドル
・ハギレdeマウスパッド
・スマホケース(1点)
・ロールペンケース(1点)
・etc



キーケース 
靴べら


お近くにお越しの際はぜひ、あおぞらクラフトいちへ遊びに来て下さい。



お待ちしております♪



2016年4月14日木曜日

美容師さんのお悩みを解消!

先日、FBで紹介した美容師さんのお悩みを解消する為に製作していたある物を無事に納品してきました。





美容師さんが抱えていた悩みとは・・・?

それは、あの職業では必須アイテムでもあるシザーケースのある部分が悩みの種になっていたのです!

一見、丸カンにレバーフックで脱着をするタイプのオシャレなシザーケース。





そうです!実はこの金具が悩みの種。

依頼主様は、お仕事をしながらこのシザーケースを前後にずらすそうで、その時に、この金具がパンツと擦れて跡が付いてしまい非常にストレスだったとか。

せっかく買った新品のパンツが擦れて跡が付くのはさすがにへこみます。

そこで

この悩みを解消すべく製作したアイテムが写真の作品。

装着した姿がこちら!




そうです、正解は金具を覆う保護カバーでした!

革は栃木レザーのオイルプルアップを使用。

最初から手に馴染むので、こういったパーツにはピッタリです。

あとはエイジングが追い付けばもう違和感なしですね!


全国の美容師の皆様!同じ様な悩みを抱えていましたら、鶴革工房までご相談ください♪