2016年6月22日水曜日

鶴革工房におけるレザークラフト用語

~鶴革辞典~
※本来の意味とは異なりますのでご注意下さい。

【革闘技】カクトウギ
 →レザークラフト全般。革の裁断、繊維の方向の見極め、用途によっては厚みを変えたり等々、
 革と格闘している様子から。

【革命】カワイノチ・カクメイ
 →革大好き!主に食用肉の副産物である動物(牛)の皮が革になり、そこには紛れもない命が宿って
  いることから。

【改革】カイカク
 →愛用している革製品をリメイクしたり、部分変更(カスタムリペア)すること。

【革新】カクシン
 →革製品を新しく持つこと。同義語→変革ヘンカク

【革心】カクシン
 →作り手が心を込めて製作すること。


0 件のコメント:

コメントを投稿