2016年9月5日月曜日

40歳の誕生日。妻に脱サラしたいと話した結果...



先日、ついに40歳になりました。


3ヶ月くらい前から、40歳の誕生日を迎えたら、妻に今の自分の気持ちを伝えるぞ!と心の中に秘めながら過ごしてきました。


そして迎えた誕生日当日。


「話があるんだけと、聞いてもらえるかな。俺、今年一杯で会社辞めたいんだ...」

「そう、やっと決めたのね、応援するわ!あなたを信じてどこまでもついて行きます」


っていうのが、ドラマとかでは良くある展開なのに!なのに!


現実はそう甘くは無かった...


いや、現実的な考え方をする妻を論破?するだけの力が私には足りていなかったのでしょう。


実際のの反応はこうでした。


「え!?お願いだからそれだけは勘弁してよ!これから子どもたちだってもっとお金がかかるんだよ、今と同じ収入を確保出来る見込みはあるの?自営になんかなったら社会保険とか年金とか...とか...とか...色々大変じゃない!」


言われていることは至極当然のことなので何も言えませんでした。


私の妻は元々経理関係の事務職をしていたし、そういった意味でも力を貸して欲しいんだって訴えたんですけどね


ダメでした。


独立宣言の前に関白宣言でもしておくべきだったか。


「俺が決めたんだ!グダグダ言わないで黙ってついて来い!!」


あ、もう、そんな時代じゃないんだな。


よし!次は事業計画書を作成して妻に提出だ!

0 件のコメント:

コメントを投稿