2017年2月3日金曜日

超簡単!誰でも作れる、革の持ち手カバー



用意する物は革とカッターと定規だけ!

ホックの取り付けもないので、専用の工具も要りません!


~その持ち手カバーの作り方とは?~


まず、必要な大きさの革を用意します。

ここでは、大きめのトートバックの持ち手として、製作するので、B6サイズほどの革を用意します。



はい!

出来上がり!

へ?

本当、へ?ですね笑


実際の革のサイズは、その持ち手の長さなど、それぞれの好みでいいと思います。

ただし、この持ち手カバーは2本の持ち手をまとめて包む仕様を想定しています。

恐らく、1本ずつでも問題ないとは思いますが、そこは皆さんで試して見てください。


ポイントとしては、ある程度長い方がオススメです。

そうする事によりバックの持ち手のカーブに合わせて、革に巻きグセ折グセが付くので。
外れません。


実際に私が使用している様子です。



それと、厚みや革質も色々試してみると良いかも知れません。

ちなみに私の持ち手カバー栃木レザーのサドルを使ってます。

最初は硬かったですが、使ううちに馴染んできて、適度なコシも残しつつ良い感じになってます。

革は切りっぱなしのハギレでも良いのですが、レザークラフトをする方は、コバを磨いて、カドのRを取ったりすれば、作品のクオリティは上がりますよ!

ぜひお試しください。

今回、このアイデアのヒントとなったのが、特注サイズでご注文頂いた、この持ち手カバー。


こちらの依頼主様はバッグ持ち手1つに対して1本のカバーを装着したいとのことでした。

そのサンプルを作る過程で、私の簡単持ち手カバーが誕生したのです!笑

0 件のコメント:

コメントを投稿