2017年8月3日木曜日

革職人が約3年、早起き生活をして気づいたこと



早起きに関するブログ記事や関連本はたくさんありますが、わたしのように昼間はサラリーマンをしながら、早起きして革職人をしている人はそうはいないはず!


もともとは夜型だったわたし。


気がつけば深夜2時や3時といった生活を送っていました。


そうなると必然的に昼間の仕事にも影響が出てきます。


眠気とだるさのせいで集中力も持たない悪いパターンです。


このままではマズイ!と一念発起で朝型に切り替えたのがきっかけで今に至ります。


最初の半年~1年位は3時起きでしたが、これだとさすがに少し無理が生じてしまったようなので、現在では4時起きで落ち着きました。

そういうわけで前置き長くなりましたが、朝型生活を続けてみて気づいたことを紹介します。

******************************

1.朝の1分1秒はとてもゆっくり進んでくれる

とにかく遅い!いや遅く感じるんです!個人の感想に過ぎないかも知れませんが、作業中にふと手を休めて時計を見ると、え!まだ5時!?って感覚になるんです。


2.集中力も上がり生産効率が上がった

時間の話に通じますが、つまり集中力がハンパないんでしょうね。今日はここまで作るぞ!と目標を決めて作業をしますが、この『時間』を支配している感覚が心地よいのです。


3.疲れが残らなくなった

朝型にする前は、日中に疲労感を引きずり、だるさと戦かい、ついつい栄養ドリンクに頼って、その場をしのいでいましたが、早起きしてからは、一切飲まなくなりました。
規則正しい生活って大事ですね。ちなみに起き立ちに軽くスクワットをしています。


4.冬でも起きるのが辛くない

冬の朝って布団から出られないですよね?出たくないですよね?
でも、朝型人間は4時に起きるということが習慣化すると、その時間に起きられます。
しかも、冬の時期の朝4時はまだ日の出前、つまり、気温が一気に冷え込む前に目覚めるので、寒くないのです。
冷え込む時間帯には身体も自然に温まり、寒さに慣れてくれます。


5.太らない(太りにくい?)

これも至極当然のことかも知れません。
良く寝る事が肥満を防ぐとも言われています。
夜ふかしや悪い生活習慣は、全てにおいてバランスを崩してます。
自分に厳しくしていく事で、物作りに対しても厳しく向き合っていける。
そんな気がします。

******************************

最後に朝型に切り替えるコツは簡単です!


それは・・・


早く起きることです!


早起き・早寝が正解です!



朝、早く起きるから、夜眠くなる。


朝日を浴びて体内時計をリセットして、1日をスタートする。

これが本来の人間の睡眠リズムです。


こんな格言がありました。


”朝1時間失うと、一日中それを求めることになる” 
【西洋の格言】


寝る前にスマホをいじっちゃダメです。

睡眠の質が悪くなります。


小4の息子にも怒られます・・・笑




0 件のコメント:

コメントを投稿