2018年2月20日火曜日

SIGMA専用のバッテリーケース



皆さま、こんにちは。

スーパーのレジで先に会計している人の革財布が気になってしまいます。

革職人・鶴革です。


たまにはブログで作品紹介をしたいと思います。


今回オーダー頂いたのはレンズメーカーでもお馴染みのSIGMAのバッテリーケース。


レンズにバッテリー?


と思ってしまいますが、SIGMAは自社製のコンデジや一眼のボディも扱っているんです。


そんな、SIGMAのコンデジを購入されたお客様からの依頼品。


純正は合皮のマジックテープな仕様なので、これを革にしたいとのこと。


ちなみにこれがお客様から最初の相談で送って頂いた画像。





これを革に!


やり取りの中で色々悩まれましたが、結果的に依頼主様がお気に入りのトスカーナ(イタリア)で決定。

いつものように職人を召集

今回は純正をベースにという事なので、純正ケースをバラして型紙を起こしました。



小さいパーツはストラップベルトのループ。


純正品は切り込みでストラップを通す仕様になってましたが、こっちはループを縫い付ける仕様にします。


ベルトループには2603(ツルレザー)

革漉きで出た革クズの山・・・・




手縫いの醍醐味でもある仕上げの糸きり。


そういうわけで完成しました。





イタリアの高級ヌメ革が4色並ぶ様子が、まるでイタリアの車が並んでいる様子と被って見えてしまう鶴革でした。

もちろんヴィンテージカーですよ。

参照元

0 件のコメント:

コメントを投稿