2019年8月19日月曜日

鶴革工房が作るグラスコード(メガネストラップ)


 ◇鶴革工房が作るグラスコード(メガネストラップ)◇ 


今回、お世話になっているSLOWJAM様よりグラスコードのオーダーを頂いた。


グラスコード、別名メガネストラップとも言うのかな。


メガネのテンプルに輪っか状のシリコンゴムを通してメガネを外した時に首にぶら下げておける機能的な小物だ。


似たようなアイテムでグラスホルダーって言うのもあるね。


でも今回はグラスコード。


「グラスコード 革」で検索してみてもかなりのアイテムがヒットする。


既出の中から鶴革工房×SLOWJAM感を出すために何パターンかイメージが出たが、最終的にはこの形になった。





このシリコンゴムは当初、近所の手芸やさんで20個入り300円で購入したのだが、どうも緩みやすいのが気になった。


初めて手に取る材料だし、こんな物なのかな・・・と思ったけど、やはり妥協して作った物が良くなるわけがない!ともう一度材料探しをしてみた。


で、最終的にamazonで見つけたのがこちら!





少し単価は上がるが、機能性と耐久性もこれなら心配ないと確信した。


そしてこのままこれを使ってもつまらないので、ここからがセンスの見せ所!


レザークラフト材料にはこんなのがある。





真鍮のパイプ。



これをこのシリコンパーツに最初から付いていたビーズと付け替える。








ストラップには職人の技術が光る牛ヌメ革の丸ひも。



これに真鍮製のCカンでカシめて完了!










ここで紹介した材料はレザークラフトフェニックスさんで購入したもの。


丸紐は使い始めはクセがあるので方向を意識して作らないといけない。


その辺の配慮は怠らないのが職人なのです。

2019年7月29日月曜日

買った方が安い場合は作りません!?




 革職人をイラっとさせる問い合わせ 


「これと同じ物作れますか?」


そんな時は即答でこう答える。


「それを買った方が安いですよ」


この質問をする人はこの後二通りに分かれるのだ。


そのまま、分かりましたと諦める人と、


鶴革工房コレが欲しいんだと食い下がってくる人。



後者のお客様の場合、ちゃんと話を聞くと、


これと同じ物


から


こんな感じの物


に変わるから、話は進めやすい。



お客様のイメージや要望を自分のフィルターにかけて
オリジナルのアイテムにしてしまえばいいのだから。



それでもね、私は買った方が安いよと言いたくなる
アイテムがある。



腕時計のベルトだ。



これは悔しいけど、コスパ最強だと思う。



国内職人が作るハンドメイドの腕時計ベルトと比べれば品質や身にまとうオーラは敵わないだろうけどね。

私はそれ専門の職人ではないので、お断りしてます。



だって自分が使っている時計のベルトもアマゾンで購入した物だから。



今回、そろそろ汗の匂いとくたびれ感が出てきたので取り替えることにした。




2年使用していた。腕時計ベルト。


価格1,000円ちょっと。


これで2年も持ったのだから、
コスパ最強といわざる負えないよね。



だから、また新しいベルトもアマゾンで購入をしたよ。



今度の色は黒にした。



この時計はそんなに高価なビンテージって訳ではないけど、
私とほぼ同じ年齢だからとても愛着がある。


SEIKO5 ACTUS SS 23jwels

2019年6月21日金曜日

栃木レザーのコンパクトな二つ折り財布



ヤフオク!テンに出品してしばらく経ってしまいましたが。

今回、必要最低限を持ち歩くために最小限サイズで二つ折り財布を製作しました。

こちらで紹介したいと思います。

◇最低限を持ち歩く二つ折り財布◇



カラーは4パターン。
全てがバイカラーで仕上げました。
使用した革は栃木レザー。



この中でも今一番アクセスとウォッチ数が多い、ナチュラルカラーの商品をピックアップしたいと思います。

札入れとカードポケットが両サイドに1つずつ。

コバもしっかり磨きこみました。

上からみた状態。
コシが強いので最初は硬いですが使い込んで馴染んでくるのも楽しみの一つ。

サドルレザーの光沢感


革好きな方は、経年変化を楽しみたいんですよね、
恐らく・・・先にお客様の元へ旅立つのはこの色なのかな?

鶴革工房ヤフオク!テン

2019年5月20日月曜日

機種変更したけどまだ使いたい!を叶えました。


 ◆スマホケース機種変したら使えない?◆ 


今回、私の地元水戸でお世話になっているSLOWJAM水戸様より、

3年ほど前にオーダーで製作したスマホケースの件で相談を受けました。


依頼内容はお客様が今回スマホの機種変更をしたけれど、
ケースはまだそのまま使いたいとのリクエスト。


ベースとなるケースは持ち込みです。



それを見ると完全に違う機種、カメラ穴も違います。


当然、新しく穴を開けて、その持ち込まれたクリアケースを接着するわけです。


ま、私こういうの好きなので♪


ちょちょいのちょい!で仕上げましたよ!


前の穴は近い色の革で塞いで、新しいカメラホールを開けました。



内側から見るとこんな感じです。




で、ついでにこのスマホの3年前の姿もどうぞ。



当時ご夫婦お揃いでのオーダー品でした。
手前が今回のスマホケース。


最後は記念にブツ撮りをして納品完了です。


それにしても、とても渋いエイジングですね!

どうか引き続きご愛顧ください。




2019年5月6日月曜日

令和最初の納品無事に完了!ドイツカラーの免許証ケース



 ◆◇◆ドイツカラーの免許証ケース◆◇◆ 


平成最後の失敗品は無事に令和最初の納品物として無事にお客様の元へ届けられました。

ドイツカラーなカードポケット

今度はピッタリ!


お客様と会うのも3年ぶり、こちらのお客様は以前ロールペンケースをオーダーをして下さいました。




今回はそのロールペンケースとも再会。



同じ物を私も使っているので記念にエイジング比較をしてみた。

左がお客様ので右が私の


やはり愛情の差がエイジングに出てますね!
恐れ入りました。



なんでも毎日、日誌を付けているから、基本的に毎日触っているとのこと。



さぞかし、ロールペンケースも喜んでいるだろうな。



また、会える時まで自分のロールペンケースもしっかり
育てようと改めて決意したのでした。

日誌書こうかな・・・


2019年4月30日火曜日

平成最後のオーダーメイドでやらかした話


◆平成最後のオーダーメイドでやらかした話◆


平成も残りわずか。


平成最後のオーダーメイドは地元在住のお客様から。


こまごまと打ち合わせを重ね、製作に入り全ては順調だった。

ドイツ国旗のカラーをあしらったカードケース。


パーツの切り出し。



免許証用の窓を切り抜き位置の確認。




そして、本日平成最後の日に糸を入れて無事完成!


・・・のはずだった!


撮影に入る前に念の為、免許証を入れてみたらね・・・



マジかああああああああああああ!!!!!


叫んでしまったよ。


私としたことが


やらかしてしまった・・・


糸を入れた後の微妙な位置のズレを想定出来なかった(泣)


色々と後悔がよぎった。


仮止めの時点で気付けただろ!


とか


せめて糸を入れる前とか!


ま、でも失敗は失敗だ。


お客様に納期が遅れる旨は伝えたし、あとはもう一度同じのを作り直すぞ!


サンプルを作ったと思えば良いんだよ。


うん。


平成最後の失敗談ブログ。

令和元年も引き続き宜しくお願い致します。

鶴革工房



2019年4月8日月曜日

天国にいる息子へ入学祝いのランドセル


 🌸入学祝いのミニランドセル🌸  



昨年の暮れお客様からこんな問い合わせがあった。




「鶴革工房さんって以前ミニランドセル作ってましたよね?」



4年前に娘の幼稚園のお祭りで飾るために作ったミニチュアランドセル。



そんな昔の作品を見てくれてる人がいるんだなと思った。


でも時期が時期だけにリメイクの相談かなと思い返事をした。



「もしかて、卒業記念にランドセルをリメイクしてミニチュアにするのをご希望ですか?」



すると返ってきた返事は



「いいえ、6年前に亡くなった息子が今度の春に新一年生になるので、そのお祝いにと思って」



胸の奥深くの方できゅうっと締め付けられる気持ちになった・・・



想像もしなかった。



今まで革職人として物を作ってきたけど、こんな贈り物の依頼は初めてだ。



そんなご両親の想いを受け止め、



「私なんかで良ければ、ぜひ!作らせて下さい!」



そんな返事をするのが精一杯だった。



年が明けたあと、直接会って打ち合わせを設けさせて頂いた。


「革の色何色がいいかな」


「この色もいいんじゃない」


「パパは何色がいい?」


「糸は何色にしようかしら」


「ショルダーの幅は少し広めで」


そんなパパとママのやり取りを、すぐそばにあった遺影の中から息子さんがニッコリと眺めているようだった。



オーダーメイドは打ち合わせをしている瞬間が一番幸せだったりする。



革職人冥利に尽きるとはこのことかな。



先日、無事に納品も終えて入学式にも間に合った。



Mくん!入学おめでとう!



*************************

《作品説明》
・ミニチュアランドセル
・栃木レザー(サドルネイビー×ブラック)
・ステッチ(エンジ)

どっしり自立します。

背当てにはスポンジが入ってるんです。

ネーム

じかんわりひょう

コンビニに売ってる100円ミニノートが入るサイズ♪



2019年3月14日木曜日

☆親子でレザークラフト☆ネックストラップ型カードケースを作ってみた。



 ☆親子でレザークラフト☆ 



以前から娘に



「ねえパパ~カードケースいつ作ってくれるの~?」



と催促をされてました。



首からぶら下げるやつだよと言われていて、



「ああ、IDストラップみたいな物だね」



と返事をしつつお茶を濁してました。



通常の受注で忙しかったので。



じゃ、とりあえずどんな色がいいか考えておいてと話したら、




「じゃ、わたし、絵をかく!」


「え!絵!?」


いや、絵なんて描かなくてもIDカードケースでしょ。


大丈夫だよと思いつつも、


作業している私の隣でおもむろに描き始めた娘。


少し手を休めて覗いてみると・・・




ん?

リス!?


「ねえねえ、カードケースを作るんだよね?」


「そうだよ~♪」


「どうしてリスなの?」


「かわいいでしょ♪」


「いや答えになってないし・・・」



どうやら、娘はリスの背中にカードが入る
カードケースを考えていたそうな。



そもそも、子どもがネームプレートなんて必要ないもんな。


こうなったら作業の手を止めて娘と一緒に製作開始!!


娘の下絵を元に型紙を起こし、


パーツの切り出しは私がやって、その他の貼り付けと
手縫いは娘が担当。

※当初はブログで紹介するつもりではなかったので途中の写真が無くてごめんなさい。


しかも、初めての手縫いなのに直線ではなく曲線に挑戦。





リスさんの裏側に切り込みを入れてカードをしまいます。
             ↓ 


う~む。

動物のシルエットのカード入れ。


40過ぎたおっさんには到底思いつかない発想だ・・・




可愛い、革いい、ネックストラップ型カードケースでした。