2019年7月29日月曜日

買った方が安い場合は作りません!?




 革職人をイラっとさせる問い合わせ 


「これと同じ物作れますか?」


そんな時は即答でこう答える。


「それを買った方が安いですよ」


この質問をする人はこの後二通りに分かれるのだ。


そのまま、分かりましたと諦める人と、


鶴革工房コレが欲しいんだと食い下がってくる人。



後者のお客様の場合、ちゃんと話を聞くと、


これと同じ物


から


こんな感じの物


に変わるから、話は進めやすい。



お客様のイメージや要望を自分のフィルターにかけて
オリジナルのアイテムにしてしまえばいいのだから。



それでもね、私は買った方が安いよと言いたくなる
アイテムがある。



腕時計のベルトだ。



これは悔しいけど、コスパ最強だと思う。



国内職人が作るハンドメイドの腕時計ベルトと比べれば品質や身にまとうオーラは敵わないだろうけどね。

私はそれ専門の職人ではないので、お断りしてます。



だって自分が使っている時計のベルトもアマゾンで購入した物だから。



今回、そろそろ汗の匂いとくたびれ感が出てきたので取り替えることにした。




2年使用していた。腕時計ベルト。


価格1,000円ちょっと。


これで2年も持ったのだから、
コスパ最強といわざる負えないよね。



だから、また新しいベルトもアマゾンで購入をしたよ。



今度の色は黒にした。



この時計はそんなに高価なビンテージって訳ではないけど、
私とほぼ同じ年齢だからとても愛着がある。


SEIKO5 ACTUS SS 23jwels

0 件のコメント:

コメントを投稿