2020年3月16日月曜日

革財布のリペアにも限界がある?


◆◇革財布のリペアにも限界がある?◇◆


今回は約5年使って頂いている長財布が里帰り。


持ち主は土木建築関係の職人さんなのでかなりハードに使い込まれてます。

ドロップハンドルが装着されていた部分が摩耗したのか、引きちぎれてました。



その状態を見たとき正直心の中では

(新しいのに作り替えませんか?・・・)

なんて思ってしまいました。


でも、お客様に

「この財布が使いやすくてさ、修理出来るなら直して使いたいんだよね・・・」

と言われ、よし!そこまで言われたら絶対に直して見せる!

と職人魂に火が着きましたよ!!



まずは破れを最小限にしつつ飾りを外しました。



型紙は残っていたので、同じパーツを復元。
※オリジナルよりも少し厚めの革にしました。


ギリギリまで糸を解いて縫い直し。

ここまでくれば安心です!

無事に完了!!


使い込まれ具合がヤバイ!



番外・ちなみに5年前の姿はこちら↓


引き続きご愛顧のほどよろしくお願いいたします。


関連記事

2020年3月12日木曜日

副業革職人が独学を勧めない理由


▱私が独学をお勧めしない理由▱


いきなりですがレザークラフトの独学はあまりお勧めしません。


これを読んでいる人の中にはこれからレザークラフトをやってみようかなと思っている人が少なからずいますよね。


「レザークラフト 独学」


でお越し頂い方、ようこそ。


もし、あなたが趣味から始まり、最終的にはネットショップやハンドメイド市などで誰かに買ってもらいたいなと密かな野望をお持ちでしたら、すぐにでも教えてくれる人を見つけたほうがいいです。


レザークラフト教室やワークショップを開いているイベントがあればそこに飛び込むのもありですね。



その方がテキストや動画を見るよりも何十倍も速いです。



人から教われば先々しなくていい失敗をする回数が減ります。



もちろん、自分で試行錯誤しながらスキルを極めるのも大事だと思ってます。



でも最終的にたどり着く(基礎的な)ゴールが同じならば、上手な人からコツを聞き、また技術を見せてもらえれば、そのゴールには早く到達するでしょ。



最低限の基礎技術基礎知識をきちんと身に着けておけば、長い目で見たときに本当の意味で安心出来る品質の製品を作ることが出来て人に使ってもらえるんだと思います。



時間もたっぷりとあって自分だけで楽しむ時間を確保出来ればそれでいいと言う人は、独学でも十分です。


ただ、趣味が仕事になった時のストレスは半端ないです。


受注管理
原価計算
仕入れ
製作
納品
支払い


オーダーが途切れないのはありがたいけど、本当の意味での独学(いや、独楽かw)する時間は無くなってしまった気がします・・・


もともとが、サラリーマンをしながらの隙間時間を使っての作業。


時間が限らているからこそ集中力も高めて良い作品が作れるのかも知れませんけどね。





鶴革工房は今年で創業10年


とは、言っても実質の革仕事をしている時間を
ギュギュっと凝縮したら何年だろ?


月の作業時間は多くても4~50時間。


サラリーマンの1週間の労働時間じゃん!


ちなみにサラリーマンの年間の平均労働時間は2,000時間。


ちょっとざっくり月40時間で計算したら・・・



約2年半だった(泣)


革職人歴2年半・・・・


スキルも知識もまだまだな私。


どうぞ今後ともご贔屓のほどよろしくお願いいたします。


関連記事↓
革仕事を時給換算してみた・・・
独学レザークラフト上達の秘訣!

2020年3月7日土曜日

入学祝いの長財布が春から新社会人


◇◆4年の月日が刻まれた長財布◆◇


ちょうど4年前、職場の上司の息子さんに大学の入学祝いとして長財布をプレゼントさせていただいた。


あれから4年、上司のご子息は無事に大学を卒業し、春から新社会人になる。


その長財布が4年の月日を経て私の元に帰ってきた。



大事に使ってもらっていた様子が伺える見事なエイジング。



ファスナー部分や折り曲げる縁の糸のほつれを修理。


社会に出てからも引き続き相棒として活躍してくれることを期待したい。


卒業・就職おめでとうございます。

2020年2月15日土曜日

ロビ〇さんのメッシュバッグの内装破れをリペア!


◇たとえ自社製品じゃなくても喜んでリペアします◇


久しぶりにリペアの相談を受けました。


robitaというブランドのバッグ。


よく街角で革好きな女性が持ち歩いてるあのバッグ。

メンナンス前

革を愛する人からの依頼は自社製品じゃなくても喜んでお受けするのが鶴革流。

もちろん有償になりますが。

修理箇所は内装の破れと持ち手の破れ。





早速リペアを始めましょう!

まずは、内装を一度取り外すことにしました。

糸をほどいて・・・
全部ほどき終えました

端の部分は完全にちぎれていました。

恐らく中に入れていた物の重みで端が破れたのではないかと・・・



このまま縫い直しても同じことの繰り返しになるので、内装の布地を少し強化する必要がありました。


そこで思いついたのがすそ上げテープ!



これを布地の縁に接着するのです!

我ながらGoodアイデア!!

スチームアイロンでジュジュ!っと

片面を接着したら折り返して


こんな感じです

で、これをもとに戻して・・・


あ!

しまった!

縫い直している時の写真を撮り忘れた~!!


いきなり補修後の写真でごめんなさい。





持ち手の破れは簡易的に革の絆創膏を(笑)


ただ、今回は持ち手カバーのオーダーも頂きました。






これで、バッグの持ち手の消耗は抑えられます。


絆創膏も隠れますし。






最後にオイルを補給しツヤピカにして完成。


お客様にも大変喜んで頂けました。

2020年1月23日木曜日

スバルのスマートキーケース



◆スバルのスマートキーケース◆


昨年BMWミニのスマートキーケースを作らせてもらった後に別なお客様からお問い合わせをいただき、今回はスバル車のスマートキーケースを作りました。


先ずはお客様からスペアキーをお預かりし、試作品製作の開始、型取りをします。


すべては順調に進み試作品完成。


試作品作りは一発OKだったので、このまま本番に移りました。

がっちりとガリバー旅行記のガリバーのように固定し・・・


目打ちで穴を開けて・・・

順調に進んでいたかと・・・



思いきや!


試作品が上手くいったからと言って本番はそうとは限らない


2個失敗しました..



あれ?

鶴革さんはもしかして本番に弱いタイプですか?

と言う質問は受け付けません(笑)



客観的と言う言葉がありますが、私は作品作りにおいて客観的に見ることを大事にしています。


第三者の目線でと言う事になりますが、客観的という言葉には客」の文字がありますよね、つまりお客様目線でという事。そしてそれは「お客様はここまでは拘らないだろうな」と言った手抜き的解釈ではなくお客様でも気が付かない所まで手を抜かない」物作りを心がけて客観的な視点で製作してます。

だから自分が少しでも、ん?おや?と思ったらダメ!
こうして、ようやく3個目に納得の行くキーケースが出来ました。

(とりあえず職人ぽい真面目な話で本番に弱い所をごまかす私w)

***************************

・スマートキーケース(スバル車)
・革(栃木レザー黒)
・ステッチ赤




2020年1月8日水曜日

母と娘をつなぐ、世界に一つのカードケース


 ■2020年最初の作品■ 


2020年あけましておめでとうございます。


今年最初の投稿でございます。


皆様、本年も何卒よろしくお願い申し上げます。


今年は7月で10周年を迎えるアニバーサリーイヤー。


何かやりたいな・・・


何が出来るかな・・・


と日々模索中。


オーダーをしっかりと消化しながら考えましょう。


というわけで、今年最初の作品。


今回はカードケース。

■栃木レザー(染色仕上げ)の赤・緑
■ステッチ:黄色
■真鍮Dカン付き


片面が免許証で片面がその他のカード。


そんな使い方のイメージ。

革の色、糸の色など意外と即答で決まった打ち合わせ(笑)

間に黄色を挟んでトリカラーに。


そして今回特筆すべきは、この手描き感満載の落書き・・いやロゴ!!
ん?ロゴとも言わないかな・・・イラスト?


何か分かります?


はい、かたつむりでございます。


今回のオーダーはお母様から娘さんへのプレゼント。


このかたつむりのイラストは依頼主であるお母様が娘さんの小さい頃の持ち物に手描きで描いていたイラストなのです。


それを見せてもらって私が革に描きました。


幼いころの思い出がよみがえる。

母から娘への世界に一つの贈り物。


ちょっと、プレゼントする所に立ち会いたいな・・・(笑)


そういうわけで今年もガンバリます!!