2020年7月14日火曜日

ビニール板をカスタムオーダーしてみた


◇ビニール板をカスタムオーダーしてみた◇


レザークラフトをする上で必需品の一つはビニプライ(ビニール板)でしょう。



革を裁断する時にこれがあるのと無いのとでは革包丁の走り方が違うのです。



ただ、既製品ではサイズが限られてるので自分の作業机の大きさによってはバランスが悪く見える場合もあります。



こんな感じにね。



と言うわけで!


今回はこのビニプライを自分の作業机に合わせたサイズでオーダーをする事にしました。


普段はオーダーを受ける側だけどオーダーをする側になってみましたw


特注ビニール板を作ってくれる会社はこちら。


カッティングマットで有名な
株式会社ミワックスさん。


Web上でサイズや仕様を入力すれば、その後メールで担当者から見積が届きます。



そして、代金支払ってから制作に入り、約1週間で手元に届きました。


ピタッとジャストサイズ!


これで作業範囲が広くなりより大きな革を広げて仕事が出来るようになりました。



作業スペースが広くなったら次に用意するならジャストサイズなビニール板ですよ。



レザークラフトを始めてから、ずっと革包丁の刃と錐や菱目打ちを受け続けて傷だらけになったビニプライ。


10年間ご苦労様でした。


最後まで読んでただきありがとうございます。

0 件のコメント:

コメントを投稿