2016年7月15日金曜日

ランドセルのリメイクでミニチュアランドセルを作るのはもう古い!?


◇ランドセルのリメイクでミニチュアランドセルを作るのはもう古い!?◇


さてついに!


この度、前からやってみたかったランドセルのリメイクオーダーを頂きました!


御依頼主は、わたくしの妻が通う美容室のスタイリストさん。


この美容師さんのお嬢さんが今年の3月まで背負っていたランドセル。


これをリメイクしてある物を作り、ランドセルを買ってくれたおばあちゃんにプレゼントしたいという依頼内容。


さて、そのある物とは!?



~6年間の思い出を別なカタチに!~




ランドセルのリメイクと言えば真っ先に思い浮かぶのがミニチュアランドセルですよね。


もうこれになるとそれを専門にしているお店・職人さんがたくさんいます。


『ランドセル リメイク』で検索すると色々なお店・工房がヒットします。


もちろん、ミニチュアランドセルだけではなく、キーホルダーやペンケースなど6年間の思い出を別な形にして残すといった企画で繁盛しているみたいですね。


やはりランドセルリメイクを専門にしているお店には敵わないかな。場数が違いますし・・



でもネットを検索していると利用者の声で意外なコメントがありました。



『ミニチュアランドセルって最初は飾っていてかわいいけど、気が付くと埃かぶってるのよね』



ふむふむ、なるほど、やはりこれからの時代は実用的なアイテムで残してあげた方がいいわけですね。


そうだ!ミニチュアランドセルはもう古い!


6年間の思い出を受け継いで、さらに中学・高校と6年間使える物を残したい!
※本人が使う場合を想定してですが。


今回はご本人に、ではなくランドセルを買ってくれたおばあちゃんへプレゼントとのこと。


これはこれで感動しますね。


おばあちゃんに渡している所に立会いたいくらいです。


6年間の思い出を刻んで、孫からおばあちゃんへの感謝の贈り物。



それがこちら!!


眼鏡(老眼鏡)ケースです


もちろん、思い出のキズもそのまま。


中には ベージュ色のピッグスウェードを貼りました。


 表に付けた飾りはランドセルの被せに使われていた鋲を使いました。


ちなみにランドセルに使われている素材はクラリーノ(人工皮革)が主流です。


牛革ではないので、さすがにコバ(切り口)は磨いても限界がありましたので、コバ処理剤を使用しました。


綿引様ありがとうございます♪


御依頼主様が勤める美容室はこちら→hair design GLITTER

0 件のコメント:

コメントを投稿